多くの高齢者にできている|簡単にできるシミ治療|美容外科を利用しよう!

簡単にできるシミ治療|美容外科を利用しよう!

女の人

多くの高齢者にできている

婦人

紫外線が原因になる

老人性イボは、脂漏性角化症のことを指します。老人性疣贅とも呼ばれ、年齢を重ねるごとに増えていきます。早い人であれば、20代から30代で現れます。老人性イボは、どのような原因によってできるのでしょうか。紫外線を浴びることで、皮膚の表皮ではメラニン色素が作られ、紫外線が真皮に届かないように防いでくれます。メラニンは、肌の新陳代謝によって皮膚の表面まで押され、垢となって角質と共に排出されます。しかし、年齢を重ねると肌の新陳代謝が衰えて、メラニンが蓄積されシミになります。このシミが盛り上がったり、硬くなったりして変化すると、老人性イボになってしまうのです。老人性イボを防ぐには、日焼け止めなどで紫外線を防いだり、肌の新陳代謝を促すことが大切です。

保険が適用されるケースも

老人性イボは良性の腫瘍なので、そのままにしておいても問題はありません。しかし、見た目が気になるという場合には、治療をして取り除くことが可能です。治療方法としては、まずは老人性イボであるかの診断をします。多くの医師が見た目で判断が可能ですが、皮膚がんなどに似ていることもあるので、悪性の疑いがある場合には検査をすることもあります。老人性イボと診断されたら、液体窒素での凍結療法やレーザーでの切除術、サイズが大きい場合には外科的手術を行います。老人性イボの治療には、保険が適用されることもあります。保険が適用される治療方法には、液体窒素を使用する凍結療法と、電気メスや金属メスを使用する皮膚良性腫瘍摘出術があります。ただし、美容目的の場合には保険が適用されないケースもあります。