施術後を快適に過ごすには|簡単にできるシミ治療|美容外科を利用しよう!

簡単にできるシミ治療|美容外科を利用しよう!

女の人

施術後を快適に過ごすには

お腹

痛み止めは積極的に使用

ダイエットをして体重は落ちたのに、どうしてもお腹周りの脂肪は落ちないという、経験を持つ方も多いのではないでしょうか。お腹周りの脂肪は他の部位に比べ、つきやすくしかも落ち難いと言われています。ダイエットで他の部位は細くなっても、お腹だけ脂肪でプヨプヨしているという事が起こるのは、このような理由からです。ダイエットで落とす事が難しい、お腹周りの脂肪は脂肪吸引で取り除きましょう。脂肪吸引はピンポイントに、気になる脂肪を除去できる医療痩身です。施術を受ける事で理想のボディラインに近づけるとして、脂肪吸引は人気となっています。ただ、メスを使ったり機械の力で脂肪を吸引する事もあり、施術後には痛みを感じるかもしれません。痛みがある場合は積極的に痛み止めを使用し、痛みをコントロールしましょう。痛み止めを飲むとクセになるというイメージがありますが、短期間のみ服用するのであれば、クセになるという事も無く安心です。また、内服薬以外にも座薬やテープ式の痛み止めがあります。特にお腹の脂肪吸引の場合、テープ式の痛み止めが効くので使用してみましょう。

トリートメントでケアする

脂肪吸引後を快適に過ごすには、ケアをしっかり行うという事が大切です。痛みは積極的に痛み止めでコントロールし、不快な症状を取り除きましょう。またクリニックによっては施術後に、高周波を使ったアフタートリートメントでケアしてくれる所があります。アフタートリートメントは施術後、炎症が起きて血行が悪くなっている部分をケアし、痛みなどを和らげる効果が得られます。脂肪吸引は施術後に腫れや内出血が起こりやすいのですが、アフタートリートメントを行う事によって、症状の回復をスムーズにする効果もあるようです。いつまでも痛みや腫れ、内出血が残ってしまうと、日常生活に支障が出てきてしまいます。脂肪吸引を受けるクリニックを選ぶ際は、回復を早めるアフタートリートメントを行っているかどうか、チェックしてみましょう。